ハートの空間に入ると起こること

昨日書いた「光と闇を生まない方法

ハートの空間に入るとね、愛おしさが溢れ出て来ちゃいます。

そして、すべての人の段階を許容できる。

マインドからの創造だと

自分ができることを人が出来ないと
「あり得ないんですけど〜」となったり
学芸会で平等がすべて!「全員桃太郎で!」とかになる。笑

それ本当に平等?

税金払ってるから それだけのサービスを受けるのって
当たり前なんですけど。

とか

それ無駄ですよね?

とか

国民総批評家みたいな感じになってしまう。

良いと悪いが両方あるからね。そう言うことが起こるんです。

でも、ハートの中に入ると
愛に満たされた状態だから、
たとえ非難されたとしても
「そうか、合わなかったんだな」って思うだけで済んでしまったりする。

そして 意識はもう次に行ける。

どう言うことかと言うと、、、

専門店じゃなくて

何でも屋さんでOK!

デパートって、なんでもあるでしょ。

伯方の塩があり、死海の塩もある。

だからと言って、死海の塩があるの?
ここは日本なんですけど!怒!

じゃない。

死海の塩もあるのね〜。

でも、私は伯方の塩が好きだわ〜。
と言って、死海の塩を非難もしないし
クレームの電話もしない。

 

人間関係のトラブルって ほとんどここでしょ?

自分と違う意見の人は受け入れられない

排除だ!

こうやって人間は戦争を繰り返して来た。

でも、今は時代が違うから 排除とは思わないけど
モヤモヤしてる。(いや、実は思ってんだけどね)

そして、そんな自分に苦しんでしまう。

なんて自分は酷いやつなんだ!って。

ハートに入ると、、、、

それなくなっちゃいます。

だから、まだやりたい人は
ハートには入らないで!笑

みんながそれぞれ愛おしい。

どんな人でも、それぞれの事情がある。

それが解る。だから、あなたがそれを望むのなら
そこにいることが望みなら それで良いよって。

私が過去にやっていた

薬を大量に飲むのは、体に悪いと言う正論。

だから減薬するのが良いことだ!私は良いことをしているんだ!

でも、義理の母は薬が沢山飲みたいし、病院にも行きたいから
病気になりたい。

その頃の私は、それを認められなかった。

そんなはずはない。

人間は等しく 進化していくものだからと。

でも、今は 薬が減ると具合が悪くなるのを散々見ているので
それがしたいなら 飲んだ方がいいよね。それが願いなんだ。と思ってる。
無理に減薬!とは思ってない。

人にはそれぞれ 経験するべきことがあって
役割があって、それで世界は回っているから
誰かの正しい価値観は 自分以外には必要ないのですよ。

その人が望むことをさせてあげる。

それは、正しさとは違うんですよね。

そこに気づくとね、愛がただただ溢れているだけで
あげたいとか、そう言うのもなくなって
ただそれだけでいいのだと ハラで理解できるのです。

そんな経験ができるのが、ハートの空間に入ると言うこと。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です