千本三角の先で署名

私の生活の一部であるインナーワーク。

ほんの5分でも自分の内側に繋がる練習。

目を瞑り、ハートを意識する。

もう、この方が楽しくて。
イメージで仙人って瞑想ばっかりしている感じがするけど
内側の世界が広すぎて、面白いことがありすぎて
楽しすぎる。

先日は、三角が出てきた。

ピラミッドにも最近お世話になっているけど
そうではなくて、平べったい三角。

それが 千本鳥居のように長く長く、先へと繋がっている。

2014年に伏見稲荷に行った時の写真だけど、
まさにこんな感じ。

でも、これをこうやって改めて見ると
これは四角。

私は今回は三角で色も青で白く輝いている感じ。

「え、続いてる。道になってるの?」と思って
進んでいく。

 

三角が途切れた先には、スピリット(ガイドたち)が拍手で迎えてくれる。

この拍手の感じは、この間もあったな。。。

で、大勢が鳥居のようにまた並んでいて
そこを歩いていく。

先には、椅子が2つ。

向かって左側には、男性。(以前、金の王とこういう場面があったけど
今回は 3次元の私 3次元の彼)

私は右側の席。

椅子の前には、台がある。

台の上には書類がある。

文字が書いている。

二人、署名をする。

内容をハイヤー聞いて見る。

が、「え?ほんと?」

という内容なので 瞑想を終えた後に
それが本当なら、キャッチしている情報がエゴからのものじゃないのなら
サインを頂戴とハイヤーにお願いする。

サインはいつ来るか分からないからな〜と
目の前の紅茶を飲もうとする。

ここはプロント。

太陽と月のマークだ。。。

「え?これがサイン?」とハイヤーに確認する。

「そう」という サインが体にくる。

早っ!サイン早すぎ。

ああ、お昼いく時 どうしても今日はプロントな気分だったのは
こういうこと?

「へいへい。で、何をするの?それを教えて」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です