光の戦士という意味

昨日から 私のスピリットは戦っています。。。

スピリット=肉体のない私ね。

あ、ちなみに
肉体にいつ入るかということですが
生まれた直後 オギャーと泣く前、息を吸い込んだ時
ソウルを一緒に吸い込むのです。

なので、安心安全に生まれることができれば
深く深く息を吸い込むことができるので
ソウルが大きくなります。

で、一瞬で上に帰ってしまう。
というか、長くは地上に存在できないのね。

私は未熟児(今は低体重児!?)で しかも
1ヶ月早く生まれたため(母薬飲んだのでね)
私のソウルは小さかった。色々な意味で弱かった。

だから、スピリチュアルな土台がなくて
育てるのに めちゃくちゃ時間がかかった!
(でも、それが経験すべきことだったので完璧なの)

神様の白玉のお話は、実は私たち人間一人一人にも
当てはまります。

ちょっと応用がいるけどね。

スピリチュアルはね、どんどん応用してってください。
頑固頭だと中々理解しづらいのよね。(私、ちょ〜頑固者!)

だから、制限を外せって言われるの。

私たち人間の白玉は
いろんなパーソナリティのこと。

人間にはいろんな性格があるでしょ。
それもそうだし、会社で働いている自分、母の自分、妻の自分、一人でいる時の自分、よそ行きの自分
疲れている自分と元気な自分、好きな自分嫌いな自分。

色々います。沢山沢山!

それをチャネリング情報では 側面として言っているのは、
光の存在たちは、人を神聖なる幾何学として捉えているから
簡単にいうと、右から見てるか、左から見てるか、上から見てるかによって
模様が違うでしょ。ピラミッドも上から見たら、四角でしょ。

そんな記事を書いたようなが気がしたけど、、、どれだったっけ?

必要な人はきっと探せばあると思うので、探してね!

で、統合していく作業です。

統合っていうのは、癒していく作業。

傷ついて、自分じゃないと無視をするんだよね。
そんな自分いない、知らない。

ガン無視です。

それを癒して、自分に還す作業。自分の一部だと認める作業。

白玉現象の逆再生。ちぎったのに、元に戻す。

アンパンマンに例えるのなら
ジャムおじさんが新しい顔を焼いて、バタコさんが「新しい顔よ!」と投げてくれるトコ。

うわ、また長く語ってる。

でね、光の戦士という言葉。

昨日から戦っている私のスピリット。

誰と戦っているのかというと、自分だった。
8月のエネルギーは 自分の今だ嫌な部分、受け入れられない部分を見せられて
そんな自分じゃダメなんだと。

で、そこと戦って、 まだぐずぐずしているのかと。
まさに剣で戦っているビジョンですよ。

そんで いろんな自分と戦って
それを仲間にしていく。

ワンピース苦手なんだけど、ルフィ的な?

大好きな例えでいうとドラクエで
仲間を増やして、馬車に乗せて 一緒に旅をするって感じ。

で、それが一通り(今できる範囲で)終わったら
本当の敵?がやってきた。

世界の変化を嫌う存在たち。

いわゆるダークサイド。

ほえ〜。

ガイドとフォーメーション組んでずっと戦う。

こういうことか。。。。

インディゴチルドレンは、戦士だというけれど
本当に戦うのね。。。。

これがダークサイドの駆逐。

多くの人たちが 意識していたり、していなかったりで
やってることなのよ。

ダークサイドを分かりやすくいうと やっつけるのが光の戦士という意味。

この肉体のある社会に例えると
社会のおかしなことを変えようとする人たちも光の戦士。

そんなこんなで 私は昨日の夜は体調不良のため、、、
いや寝させるためかな? 早々とご飯も食べずに寝るのでした。。。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です