ロザンナから学ぶ<愛>について

ロザンナを通して学んだ愛について書いてみようと思います。

本当の愛は、束縛したり、制限したり、奪ったり、、、しないのです。

それは実際どういうことかというと
全てを自由にさせる。

もし、あなたの愛する人やあなたが愛する人に
何か制限をしているのなら、それは愛ではないのです。

それは 闇が作った<愛>と思わされているもの。

そして、結婚制度は コントロールするためのものであり
今後この制度は崩壊へと進んでいきます。

そのために出会う人たち。

体の色の違い、人種の違い、性別の違い、国の違い、文化の違いに関係なく
愛し合えるのが愛。

愛する人が、あなたの愛を受け取るのを怖くて誰か自分以外の他の人を愛したら、
それさえも 赦せる。

吐きそうだね〜。そんなこと。

でも、それでも愛は赦せる。待てる。

だって、それさえもステップであったりするから。

意識が上昇し、拡大していけば
本当に大切なものがなんなのか、分かるし
恐れはなくなっていく。

それら不要なものを失くしていく作業が必要な人はしていって
必要じゃない人は ただその愛を受け取り、与えていく。
循環させて周りにそのエネルギーを染み込ませていく。

いつまでも 憎しみや悲しみのドラマを感じたいと
思っているのなら それがたとえ過去のドラマであったとしても
それが終わるまで 待っている。

それが 愛だから。

あなたが望むことは経験させてあげる。
相手が望むことは経験させてあげる。

それが愛。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です