Midori

Midori Story

1997年ぐらい(正確な年数を覚えておらず)会社を辞めました。
心が壊れてしまったということが当時の原因ですが
今思うと道を変えなければいけなかったというのが理由なのだなと思います。

そして、頼ったのがヒプノセラピスト矢澤フレイ 伸恵先生でした。
予約したのが9月ですが、受けられたのは12月。
それでも、受けなければ 今の私はここにはいないのだろうと思います。

地面しか見れなかった私が1回目のヒプノセラピーで前を向いて帰ることができました。
心が軽くなるってこういうことなんだ!と生まれて初めての体験をしました。

不思議で不思議で何なんだろう?と3回くらい受けに行きました。
何度受けても 何も分からない。何が起こっているのだろうか?
何故こんなにも効果があるのだろうか?と思い続けて
2001年故矢澤フレイ 伸恵先生からヒプノセラピーを学び始めました。

初級、中級、上級と数年間ヒプノセラピーを学びました。
ヒプノセラピーは、スピリチュアルと思われる方もいらっしゃいますが
そもそもは心理療法です。
スピリチュアルという言葉はそれ意外と分けてしまう言葉なので
私はあまり好みませんが、現状 違うという想いの方が多いので
分かりやすいように使ってます。
ですので、全てに言えることですが、ヒプノセラピーもまた
理解を超えてしまうポイントがあり、それをスピリチュアルな領域への
意識の移動によって叶えてしまうことができます。

それから、見えない、不思議なことが大好きだった私は
学んだことはとても沢山あり、その全てが私にとって必要なことでした。
今思うと沢山の点が繋がって 今の私がありますが
渦中の中の私はそんなことは思うことはできず
ずっと不幸で、親にすら愛されたことのない
愛される資格のない人間だと思っていました。

でも、その想いがあったからこそ
私は自立して、ただただお洒落もしないでひたすらに学んで、
沢山の自分の中の思い込みという人生のプログラムを
解除していって、そして今の私がいます。

生まれた時から何かの能力があった訳ではない私が
ただ学んで、そしてたどり着いた場所。
これから目指す場所は、果てしない場所かもしれないし
すぐそこにあることかもしれません。

人生の途中にある私が今言えることは
私は全てに愛されていたのだとということでした。

私の人生にも沢山の幸せと愛と豊かさがあったように
沢山の気づきと魔法がみなさんの中に訪れますように♪

<学んだこと>

DNAリーディングの記録

Rosanna

Rosanna Story

私みどりの過去世。(詳しくはロザンナの物語をみてね)

ジプシーダンスを踊り、自由気ままに生きていた。

酒場で出会ったギター弾きのロベルトがパートナー。
魔女の疑いをかけられ、ロベルトを目の前で殺されることで

「もう誰も目覚めさせない

愛されないし、愛さない。

もう、目立たない。

もう誰も巻き込まないと決めてしまった。」

と決めて 自身も殺されてします。

そのカルマは、現世の私にも継承されていた。

2016年10月19日 この記憶を思い出し

後日、さらに深く思い出し、癒すことによって
女性性を解放。

少年のような格好をしていた私に変化が現れ

女性らしい服装も、ボーイッシュな格好も可能になる。

2017年3月24日 ロザンナとロベルトの別次元での統合が行われる。

2017年4月14日 サロンで瞑想をして戻ってくると
ロザンナを始め、3人の存在が感じられる。
これが私のスピリットガイドとの初対面でした。

彼女は、純粋な愛につながった存在として
エネルギー的なサポートをしてくれます。